読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレのしくじり

転んだら起き上がればいい

過労死ライン超えの「残業100時間」 政府容認

 

残業時間上限 60時間に

政府が残業時間の上限を月平均60時間とする方向で調整している。

(年720時間)

例外として繁忙期は月100時間まで認めるが、

2カ月平均で月80時間の制限も設ける。

 

青天井の残業が可能な「36(さぶろく)協定」を見直し、

ほぼ全業種を対象に上限を設定。

 

違反企業に罰則を科し、

過労死を招く長時間労働を是正する。

 

www.jiji.com

 

事実上、過労死ラインとされる

「月80時間」を超える残業を認めることになる。

 

www.chunichi.co.jp

 

月100時間の残業は、毎日4時間以上残業するということ。

 

今回は働き方改革の一環ということだが、

「100時間」を認めるのはどうなのか?

 

日本の長時間労働は続きそうです。

内定いただきました。

ブログ

一社から内定を

いただきました。

 

詳しくはいつか書きたいですが、

「ラッキーな縁」で

内定をいただくことになりました。

 

これまでずっと

アルバイトでしたが、

「正社員」として

働くことになりそうです。

 

未経験の業界で、

理系の仕事のため

少し迷っています。

 

ただその企業の

口コミは割と良い。

 

ブラックな感じは

ほとんどしない。

 

いろいろとやりたい

仕事は他にあるのですが、

年齢的に理想を求めるよりも

「現実」を重視したいこの頃。

 

ということで受ける

方向で進めようと思ってます。

 

「仕事は縁」を実践する予定です。

 

 

 

 

これからは立ってブログを書く時代

書く

f:id:atal:20161212233810j:plain

news.yahoo.co.jp

 

別にスタンディングデスクを使って

操作するという話ではありません。

 

立ったまま、スマホ片手にブログを書くと言うことです。

音声入力を使えば簡単に文章を書くことができます。

この記事も音声入力を使っています。

ほとんど間違いもなく言った通りそのままできました。

特別なアプリはいりません。

最初から入っているアプリだけでOK。

 

iPhoneのデフォルトのメモ帳で十分。

 

スマホによるぎっくり首や肩こりが

話題ですが、立って書くことで

首や肩への負担も減ります。

 

 

タイプするより圧倒的に速いです。

恐ろしく時短になります。

 

座った方がたしかに

書いてる気になるかもしれません。

 

でも立った方が人は

クリエイティブになれるはずです。


本来、「座る」という行為は、
身体的には「休憩」を意味すると思うからです。

立つことは脳にとって

アクティブなモードになること。

これからは立って脳を

アクティブにしながら

執筆活動をしていきましょう。

この記事もブログに下書きとして

保存するまで10分以内でした。

 

 

話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる!

話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる!