読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレのしくじり

転んだら起き上がればいい

ニートになりたくなかったらノートは借りろ

ニートのつくりかた

f:id:atal:20160528190347j:plain

ノートは「借りる」が勝ち。今日からあなたも勝ち組へ。

 

借りるが勝ち

あなたは学校でノートを貸す側ですか?それとも借りる側ですか?
ノートは借りる側が勝ち組です。
人は二つに分けられます。

  • 先生、生徒
  • メンター、教わる人
  • 親、子供
  • カリスマ、フォロワー
  • 肉食系、草食系
  • 店員、客
  • 味方、敵
  • 支配者、被支配者
  • 天使、悪魔
  • 経営者、従業員
  • 勝ち組、負け組などなど

そしてノートを貸す・借りるでいえば、ノートを借りる側が勝ち組。

ノートを貸す側が必ずしも「負け組」だとはいいません。ただ借りる側の方がメリットが多いです。

青春のトレードオフ

ノートを借りるということは、楽しんでいる証拠です。サークル、バイト、遊び、恋愛などに時間を使っていれば、その分だけ、大学の講義に割く時間は減ります。
すべての授業にマジメに取り組んでいる余裕はありません。逆に、すべての授業に関して、カンペキにに対応しているとすれば、勉強以外の活動がおろそかになっている可能性があります。

ノートを貸す方がニートになりやすい?

そして「借りる」側のほうがニートにならない確率が高いです。
なぜなら、借りる人は、他人に頼ることができ、目的遂行型というパーソナリティをもつからです。

ニートになるパーソナリティとは、そうした要素がやや少ないように思います(あくまでのぼくの場合)

そこで、勉強以外も充実させるべく、今日から「ノートを借りる」側になりましょう。

ノートを借りるのは「サービス」

でも、「ノートを借して」と頼むなんてできない、
っていう人もいると思います。わかります。ぼくもそう思っていました。

ノートを借りることは、なにか後ろめたさがありますよね。それまでのその人の努力をもらっちゃうみたいで。

しかし、「ノートを借して」と頼むことは、サービスです。だれしも、人から頼られることは嬉しいからです。お願いしたり、頼んだりすることは、その人の「能力」を認めている証。そのため、相手の自尊心を満たすことだってあるかもしれません。決して皮肉ではなく。さらにそれが異性のからの頼みであればなおさら嬉しかったりします笑  

ノートを借りるマナー

だからノートを貸す側というのは、必ずしも「Take」を期待しているわけではありません。頼まれることだけで嬉しいからです。何度も言いますが皮肉ではありません。

とはいえ、そのやさしさに甘えて何もしないというのは考えもの。ランチを奢ったりするなど、多少のお返しはするべき。できる限りWin-Winになることがベターです。

もっとも、異性にお願いする場合、特にあなたが女子で、男子からノートを借りる場合にはお返しは必要ありません。先ほど書いたように、異性から頼られるだけで、男子は「アガる」から。さらに不要な「勘違い」をさせないためです泣

ただし、相手が貸すことをイヤがっている場合は、控えましょう。


いつの日か、ノートを貸す人がもっと幸せになる世の中になることを。

 

※なお本記事は、ぼくの独自の見解であり、一方的な内容となっている模様。