読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレのしくじり

転んだら起き上がればいい

いまからポケモンGOについて書くということ

書く

前回の記事で、

ポケモンGOの記事を書いたことで 

月間アクセスが2000から8万に伸びた

ということを書きました。

 

hoboneety.hatenablog.com

 

リリースから1ヶ月間の

ポケモンGOの盛り上がりはクレイジー。

異常なほどでした。

f:id:atal:20160831090900p:plain

 

 

ポケモンGOの話題性は減った?

 

もし今よりアクセスを伸ばしたい人は、

「ポケモンGO」の記事はオススメです。

 

もちろん、

ピーク時比べたら、

「ポケモンGO」の

話題は減っています。

 

具体的にネットでは、

当初の盛り上がりと比べて

5分の1程度に縮小しています。

 

それでも

実のところ、

五輪の開催中、

ポケモンGOは、五輪と同じくらい

ネットでは話題になっていました。

 

※ネットというのは主にTwitter。

 

そして今でも一定の話題性はあります。

安定して話題になっています。

むしろ上がったりすることもあるくらい。 

 

ポケモンGOはまだ熱い

 

Pokemon GO gross revenue hits $440 million worldwide - SlashGear

 

 

そのため今でもポケモンGOの記事を書けば、

それなりのアクセスは見込めます。

  

たしかにポケモンGO関連の記事はすでに多いです。

それでも部分的には不足しています。

入り込む余地はまだあります。

 

というのも、

ポケモンGOに関しては、

いまはネットからでしか情報を得られないからです。

雑誌などの紙メディアは参考になりません。

ネットに追いついくのはまだ時間がかかりそあです。

今はネットで情報を集めるしかないのです。

 

ただ、ネットでは体系的にまとめてあるコンテンツが少ない。

既出の情報であってもわかりやすく説明することで需要はあると思います。

 

アクセスアップのために選ぶべきトピック

 

もちろんトピックに関しては、

ポケモンGO以外にもあると思います。

わかりやすいところで言えば、

週刊誌的にホットな話題など。

 

前回書きとおり、

自分が書きたい記事でなく、

多くの人が読みたい記事を書くということ。

アクセスアップに関して言えば。

 

この点について参考までに、

中川淳一郎さんが『ウェブはバカと暇人のもの』の中で紹介した

「ネットでウケるネタ」を。

 

ネットでウケるネタ


・話題にしたい部分があるもの、突っ込みどころがあるもの
・身近であるもの
・非常に意見が鋭いもの
・テレビで一度紹介されているもの、テレビで人気があるもの、ヤフートピックスが選ぶもの
・モラルを問うもの
・芸能人関係のもの
・エロ
・美人
・時事性があるもの

 

実際、ポケモンGOは、見方によってはいくつも当てはまります。

ポケモンGOはネットでもウケる!

 

これからも続々と機能追加が控えており、

まだまだネットからもポケモンGOの記事は求められそうです。