読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレのしくじり

転んだら起き上がればいい

そろそろ2017年の手帳を準備したほうがいいよ

ライフハック ラジオ

f:id:atal:20160927110325j:plain

来年の手帳、用意しましたか?

 

10月に買うのは遅いかもしれません。

 

すでに完売してるものも。

 

ぼくが検討していた商品の中にも

売り切れのものがありました。

他店舗から取り寄せができるということでしたが。

 

 

ネットで注文する前に

 

ネットで注文をするにしても、

まずは一度店頭で確認したほうが良いです。

 

実際に手に取ると、

イメージと違ったということがありますので。

いい意味でも
わるい意味でも。

 

最近の手帳のトレンド

 

最近の手帳のトレンドとしては、

その日あったことがたくさん書けるタイプ。

たとえば1日1ページ型の手帳。

 

ライフログに特化したタイプが人気みたいです。

いわゆる「後ろ向き手帳」と呼ばれるもの。

予定よりも、その日あったこと(過去)を重視するからです。

 

後ろ向き手帳の中で、ぼくが気になっているものを紹介します。

「後ろ向き」となってますが、マイナスな意味はありません。

「振り返り型」のほうがいいかもしれません。

 

 

コクヨ ジブン手帳 

コクヨ ジブン手帳 2017 ファーストキット 11月始まり A5スリム ネイビー ハードカバー ニ-JF2DB-17

 

 

三冊1セットになっている。

 

特徴的なのは、

LIFE」という一生分の手帳がついているところ。

年を越しても残しておきたい情報を記録できる。

 

たとえば旅行先、読んだ本、観た映画など。

また毎年の出来事などを書くことができ、

自分史をつづっていくことができる。

 

「後ろ向き手帳」の代表的なタイプといえます。

 

www.kokuyo-st.co.jp

 

EDiT

マークス EDiT 手帳 2017 1月始まり B6変型 1日1ページ リフィル 17WDR-ETA-RFL

ロフトやハンズの店頭で見かけることが多いと思います。

特にここで具体的に紹介する必要はないほど人気です。

特徴的なのは、1日1ページたっぷり使えるところ。

www.edit-marks.jp

 

ほぼ日手帳

ほぼ日手帳 2017 weeks ホワイトライン・ブラック(1月始まり) ウィークリー

これもぼくが紹介するまでもないですね。

ファンが多い商品。

こちらも1日1ページたっぷり使えるのがポイント。

EDiTとの違いはコンテンツのさ。

シンプルにプレーンに使いたい方は、

EDiTがオススメ。

 

 

www.1101.com

 

 

参考

TBSのラジオクラウドでまだ視聴できます。

www.tbsradio.jp