読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレのしくじり

転んだら起き上がればいい

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」面白かったよ

サブカル

日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBSテレビ)

 

www.tbs.co.jp

 

多くの感想にあるように、

 

ディーン・フジオカさんの執事、

ハマりまくっていた。

 

ディーン・フジオカさんの出演作品は、

朝ドラも含めて数作品みたことがあるが

その中でもダントツにハマっていた。

 

今後執事的な補佐役のオファー増えそう。

 

驚いたのは、

織田裕二の演技。

 

どうしても織田裕二さんは「青島」、「世界陸上」の

熱血のイメージが強い。

 

それとは違うキャラクターを演じていることには

慣れるまで時間がかかった。

 

さらに、それに加えて話し方。

 

最初は違和感を感じざるを得なかった。

かなりびっくりしました。

 

かるいサプライズだった。

 

普通に演じても、

織田裕二さんは頭良さそうに見えると思う。

たとえば「振り返れば奴がいる」では

天才外科医を演じたがとても合っていた。

 

middle-edge.jp

 

だから奇をてらった演技は不要だと思う。

ある意味「賭け」だったのかもしれない。

 

個性的なキャラクターの方が

大ヒットにつながりやすい。

 

たとえば金八先生、家政婦のミタ然り。

 

また独特のあの演技は壮大な伏線かもしれない。

 

でも「違和感」はあたりまえかもしれない。

というのもギネスで確認されている最高のIQは220程度。

今回は246なのでそれを上回っている。

 

そういう意味でIQ246の人間は、

ある意味で人間じゃない。

 

普通の人間じゃないのだから、普通の人間であると思われるぼくらが

違和感を感じるのは当たり前。

個人的にこう納得させてる。

 

それにここまで書いてこういうのもあれだが、

個人的には割と好きではある笑

 

 

ところで「振り返れば奴がいる」といえば、

今回再び石黒賢さんと共演している。

 

今回の共演はこれと無関係ではないはず。

 

「振り返れば奴がいる」ネタも飛び出していたくらいなので。

 

 

華麗なる出演陣であること

賛否含めいろいろと話題になることもあり、

今後の展開ではヒットの可能性はありそう。

 

織田裕二ファンということもあるけど

ぼくは視聴させていただく予定。

 

もし第一話観ていない人も、

これを読んでおけば問題ないと思われる。

 

www.tbs.co.jp

 

TVer(ティーバー)でも観れる。

tver.jp

 

振り返れば奴がいる(1) [VHS]

振り返れば奴がいる(1) [VHS]

 

 

 

Cycle

Cycle