読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレのしくじり

転んだら起き上がればいい

年末年始のイベントが憂鬱なあなたへ

おすすめ連載

f:id:atal:20170107200025j:plain

年末年始どこか憂鬱な人いませんか?

そんなあなたにオススメしたい記事が

大人のカタチを語ろう

(週刊プレイボーイの1月9日号内)。

 

 

<<本記事の効用>>

  • クリスマスなどの年間のイベントや行事にのれない
  • クリスマスや誕生日、年末年始がどこか憂鬱
  • 祝日が休みな人が羨ましい

などの症状に効きます。

 ※本記事とは、上記雑誌の記事です。この本ブログ記事ではありません。

 

作家には正月はない?

伊集院静さんは作家の駆け出しの頃、

ある先輩作家に次のように聞いたそうです。

 

「作家は盆、正月をどうして過ごすべきなんでしょうか?」


それに対し、先輩作家は次のように語ったそうです。

 

作家に盆も元旦も正月もない。書くしかないのが作家

 

 以来、伊集院さんは、盆、正月の

意識が失せてラクになったそうです。

 

そうした行事に関わらなくていいのだとわかり、

どんな日であれ特別な感情を抱くことがなくなったそうです。

 

テレビをみる 大人の男のやることじゃない

 

そして伊集院さんは年末の

あの行事についても語っています。

 

「大晦日、コタツに入って、紅白歌合戦なんぞを見ている輩で、まともなことができた
奴は誰一人いない」

「そもそもテレビを見るってことが「大人の男」がやることじゃない」 

この記事を読み

個人的に変なプレッシャーから解放され、

すごく気持ち的にラクになりました。

 

年末年始も平常運転で

行きたいと思います!

 

おススメの連載


ということでオススメの雑誌の連載は、
週刊プレイボーイ内の

伊集院静氏による「大人のカタチを語ろう」です。

 

参考:

週刊プレイボーイ 2017年 1/9 号 [雑誌]

週刊プレイボーイ 2017年 1/9 号 [雑誌]

 

 

www.ijuin-shizuka.com

 

大人の流儀

大人の流儀

 

 

 

不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life

不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life