読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレのしくじり

転んだら起き上がればいい

西野亮廣から学ぶ「非常識な成功論」

 

headlines.yahoo.co.jp

 

無料公開した結果、

売り上げが上がったという。

そしてAmazonランキングで一位になったという。

lineblog.me

 

 

まさにビックリ。

 

普通は無料で公開したら、

「売れなくなる!」

と思いますよね。

 

実際、公開に対しては、

 

  • 「出版社がかわいそう」
  • 「無料公開できない他のクリエイターがかわいそう」

 

といった意見が多数。

 

でもこれらの意見は、

「無料で公開すると売れなくなる」

という前提に基づいている。

 

でも売れてしまった

 

ちなみに

「先に買った人がかわいそう」

という意見があった。

 

でもそれは事実と異なると思う。

 

たとえば『東京グール』は週刊ヤングジャンプに

載ってから一週間でネットに無料公開される。

youngjump.jp

 

でも単行本の売り上げは、

1800万部以上。

 

ここからわかるのは、

買う人は、公開されてようが

されてなかろうが買う

 

くどいが、youtubeと音楽の売上

を考えてもわかる。

 

あと実際に無料で公開された

「えんとつ町のプペン」を読んで納得。

 

これは買いたくなります。

 

利他的な行為はメディアには乗りにくい

ネットではネガティブな話題の方が好まれるからだ。

 

西野さんなりに「無料公開」は

それなりに勝機があったのかもしれない。

でもいざ実行するかしないかは大きな差がある。

 

「非常識に攻める」西野さんに今後も注目が集まりそうです。

spotlight-media.jp

 

hoboneety.hatenablog.com

 

 

Discover Japan 2017年2月号 Vol.64[雑誌]

Discover Japan 2017年2月号 Vol.64[雑誌]

 

 

 

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル